カルティボでは発達に合わせてトレーニングを行っています。

こんなプログラムをしています。

① 運動の日
② ゲームの日
④ 工作の日
③ プログラミングの日
⑤ 音楽の日
平均台、スラックライン、マット運動、ボルダリング、トランポリン、バランスボール等の体幹運動を取り入れ、幼稚園や小学校に入って長時間座る、腕を動かす、指先を動かすための基礎作りを行います。
カプラ、漢字カード、かるた、パズル、ボードゲームなどの遊びやみんなで協力する遊びを通して、友達とのかかわり方やルールを守る事の大切さを学びます。ゲームの中で漢字や数字に自然と触れられるよう学習支援も取り入れます。
お手本通りに作る練習や、想像力を膨らませながら自由に作る練習を行います。
ボタンはめや紐通しなどの簡単なものから、編み物やペーパークラフトなどの高度なものまで発達段階に応じて微細運動も行います。
パソコン操作や、子どもたちが大好きなおもちゃを使って論理的思考(「順序立てて考え、試行錯誤し、ものごとを解決する力」)を促します。
リズム体操や楽器演奏、お歌など音楽を通して発声を促したり、リズムを取ったり、集中力を育てます。

カルティボの療育方針

  •  子ども一人に先生一人が付き、しっかりサポートしてあげたい。(多くても子ども二人まで) 
  •  楽しい雰囲気、楽しいプログラムでまた来たいと言ってもらえる場所にしたい。
  •  子どもの苦手な部分、困り感を理解し、安心して療育を受けられる環境を作ってあげたい。
  •  “できる”部分を積極的に褒め、自己肯定感を高めてあげたい。
  •  いろんな体験の中から強みを見つけてあげたい。
  •  個別のトレーニング+グループトレーニング
  •  子どもの発達段階に応じて、プログラムの難易度を変え、「頑張ったらできた(^^)」という体験を増やしてあげたい。
  •  写真付きの連絡帳で保護者にその日の様子をしっかりと伝えたい。
  •  季節の行事を大切にし、イベント、行事を行いたい。
  •  家族の不安や苦労を少しでも取り除き、保護者に寄り添った支援をしたい。